http://miimama.jugem.jp/

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
魔法のコトバ*  Season5 スキなひと-2-
*******************************************

魔法のコトバ* Season5  スキなひと-2-

*******************************************


「廊下で2年の先輩が呼んでるよ」
クラスメイトの女の子が指差した先を見ると。
見たことのない男子生徒が廊下側の入り口からこっちを見てた。
ブレザーの校章が緑。
二年生だ。

「誰?」
「わかんない。ましろ、先に行ってていいよ。佐倉によろしく」
バイバイって私に手を振ると、凪ちゃんは知らない先輩と廊下の向こうへ消えていった。
何だろ。
大丈夫かな、凪ちゃん。


「日下部さん、また告られるんじゃない?」
クラスメイトのひとりが話しかけてきた。
確か宮川さん。そんな名前の子。
「今の先輩、そんな雰囲気だったもん」

そういわれてみれば…そんな感じだったかも。
部活の先輩とか、用があってとか。
そんな雰囲気じゃなかった。
凪ちゃんに対しても腰が低くて、気を使ってるっていうか。
ただの用事だったらわざわざ場所を変えて話す必要ないもんね。
なんだ。
そうだったんだ。

「日下部さんが呼び出されるのって、これで何度目?」
後ろから声がした。
クラスメイトの葉山さん。
噂好きの彼女はいつも神出鬼没。
噂になりそうな匂いをかぎつけると、どこからともなく沸いてくる。
って、そのいい方は失礼かな。
でもほんとそんなニュアンスを漂わせて、興味津々な顔で近づいてきた。

「さっきの先輩、サッカー部の人でしょ?」
さすが葉山さん。
もうすでにチェック済みなんだ。
「顔、よかった?」
「87点ってところかな」
思わず私は宮川さんの顔をまじまじと見つめてしまった。
だって、顔なんて覚えてないよ。
みんな抜かりがないんだ。


「いいな〜、日下部さん。」
宮川さんが羨ましそうに声を上げる。
「入学当初もよく呼び出されてたよね、彼女。
最近減ってきたと思ってたけど…やっぱりまだいたんだ、隠れファン。」
「そうなの?」
初めて聞いた、そんな話。
凪ちゃんから聞いたことない。
「4月はかなりすごかったんだよ。
ほら、彼女大人っぽいでしょ。特に上級生から人気あるみたい」
そういえば小学生の時も凪ちゃんの事を好きな男の子って、結構いたよね。
今さらながら思い出した。
私も凪ちゃんも人の恋路には興味がなくて。
誰が誰を好きとか、誰と誰が付き合ってるとか。
その手の話題は、昔から苦手だった。
だから凪ちゃんと好きな男の子の話なんてすることがなくて。
当時、誰を好きだったのか、好きな人がいたかどうかも知らない。

「日下部さんってあっさりしてるじゃない? 美人なのに鼻にかけたりしないし。サバサバしてるから。
だから敵は少ないんだけど、でもまぁ一部の女子には受けがよくないよね。
『日下部さんが好き』っていう理由で告白断った男、多いもん。逆恨みってやつだよね」
「なのに彼女、誰とも付き合う気がないんでしょ? もったいないよね」
ふたりは顔を見合わせると大きなため息をついた。





「誰とも付き合う気がないって…?」

なんで?

「だって彼女、好きな人がいるみたいだから」

そんな話、聞いたことがない。
っていうか、いたんだ好きな人。
知ってるようで知らない凪ちゃんのこと。
ていうか。
私よりも凪ちゃんの情報持ってる葉山さんがすごい。
ちょっと怖い…。



「…ところでさ。
園田さんはAクラスの佐倉くんと付き合ってるの?」
突然話を振られた。
「まさか!!」
慌てて否定する。
「だって仲いいじゃない? よく一緒にいるのもみかけるし」
「それは同じ美術部だから…」
「ほんとにそれだけ? ふたりでミスドでお茶してた目撃情報があるんだけど?」
葉山さんがずいっと私に顔を近づけた。
何でも見透かすような大きな目がじっと私を見つめる。

…怖いよ、ほんと。

「な、何で私にそんな事聞くの?」
「佐倉くんってさ、誰にでも人当たりがよくて優しいけど、今まで特定な存在っていなかったから。群れないっていうか、ひとりでいることが多かったのに、最近よく園田さんと一緒にいるでしょ? どういう関係なのか聞いて欲しいって云う依頼が多いのよね? 本当は佐倉くんと付き合ってるの? もしくは告られたとか?」
「どっちも違うってば…」
「じゃあ、園田さんが佐倉くんを好きとか?」
「だから、違うって……」
私は大きく頭を振った。
ここでちゃんと否定しておかないと、後でどんなウワサが立つやら。
想像するだけで、怖くなる。
「ふ〜ん…。ま、いいわ。
佐倉くん、人気あるから園田さんも気をつけておいたほうがいいよ?」
気をつけるって、何を?
ていうか。
葉山さん、ほんとに怖いよ…。

この場にいたら根拠のない事を根掘り葉掘り聞かれそうな雰囲気だったから。
「も、もう部活行かなきゃ」
って。
しっぽを巻くようにその場から逃げ出した。



NEXT→


魔法のコトバ*  Season5 comments(2) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








携帯から久々に続きを読ませてもらったよ〜o(^-^)o

あぁ〜…なんか蒼吾とましろの関係がもどかしい〜(´・ω・`)
隼人もいいけど、やっぱり蒼吾との話が気になるよ♪蒼吾、もうちょっと押しが強くてもいいのになぁ…(^3^)
from. はづきゆみ | 2006/11/25 13:47 |
-+-はづきへ-+-
ははは(笑)押しの強い蒼吾か(笑)
彼は今のところ弱いよね、まったく(笑)
今後の展開に期待くだされ。
from. りくそらた | 2006/11/26 02:21 |
<< NEW | TOP | OLD>>