http://miimama.jugem.jp/

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
魔法のコトバ*  Season9 初恋〜サイド蒼吾-10-
*******************************************

魔法のコトバ* Season9  初恋〜サイド蒼吾-10-

*******************************************

「後ろ、乗れるか?」
門扉から自転車を引っ張り出しながら、佐倉の妹、千尋に声を掛けた。
「あ、はい。大丈夫です」
控えめに頷く小さな頭。
うちの姉妹と違ってすっげぇおとなしい。
兄貴の方もどちらかといえば物静かなタイプだし。
育った環境の違いか?
何を考えてるのかはさっぱりわかんない兄貴だけどな。

出してきた自転車を一旦止めて、姉貴が持ってきた座布団を後ろの荷台に敷いてやる。
「すみません、遠いのに」
「いいって。小学生が遠慮すんなって」
お前の兄貴はムカつくやつだけど、妹は別。
佐倉が転入してきたあの日。
どういうきっかけかは知らないけど、深青は千尋と友達になった。
初めてうちに連れてきた時はマジでびびった。
ほんと佐倉のミニチュア版って感じで。
名前を聞かなくてもすぐ分かった。
あいつの妹だって。
ていうか。
どうやったらあの性格悪い兄貴から、こんな控えめな妹が出来るんだよ?
想像つかねぇだろ。
どっちかっていうと園田と雰囲気が被る。
引っ込み思案でおとなしい感じとか。
いつもおどおどしてるところとか。
顔は佐倉そっくりだけど。



「…あれ?蒼吾?」
背後から声がして振り返ると、きょとんとした顔で日下部が突っ立ってた。
「どうしたの?こんな時間に」
腕時計と俺の顔を交互に見比べる。
「お前こそ」
部活にしては遅すぎるだろ。
もう午後の8時をとっくに回ってる。
「私は予備校」
当たり前のように呟いた。
嫌な響だな。
俺とは無縁の世界。

日下部は昔っから頭がいい。
夏休みの宿題とかよく見せてもらってた。
自分の為にならないから駄目だっていいながらも、夏休み最終日になると見せてくれるんだよな。
どうせやってないんでしょ、って。
何でもお見通しなんだ。

「帰り、あんま遅くなんなよ?」
「え?まだ9時前だよ?」
小さく笑う。
ていうか、日下部。
自分が可愛いって自覚ねぇだろ?
夜道をひとりで帰るの危ねぇじゃん。
中学の時もあんな事件があったし。

「ね。その子、誰?」
俺の後ろを不思議そうに覗き込む。
「ああ。深青の友達。これから送って行くとこ」
「へぇ〜」
日下部がその場にしゃがみこんで千尋の顔を覗き込んだ。
「私、日下部凪っていうの。あなたは?」
「あ…、千尋…です」
「千尋ちゃん?」
こくんと恥ずかしそうに俯く。
「佐倉…千尋です」
「…え?佐倉って…」
日下部がこっちを見た。
「あいつの妹」
「へぇ〜。そうなんだ。いわれてみれば似てるかも」
まじまじと千尋の顔を覗き込む。
千尋が恥ずかしそうに俯いた。
「自転車の後ろに乗せるの?」
「ああ」
「このお兄ちゃん、運転荒いからしっかり掴まっとくんだよ?」
「…はい」
「なんだよ、それ。人乗せて荒い運転なんてしないって」
「うそばっか。この前、守口君乗せて土手沿いを猛ダッシュしてたでしょ?私、見たよ」
「あいつは男だろ?」
こんな小さな子どもを乗せて、いくら馬鹿な俺でもそんな事やらねぇよ。
「どうだか。くれぐれも怪我だけはさせないでよね」
呆れたような顔でこっちを見た後。
またね、って。
千尋の頭を軽く撫でて、そのまま俺の横を通り過ぎようとした。


「日下部」
その背中を呼び止める。
「なに?」
2件隣の門扉に手を掛けたまま、日下部が振り返った。
「…園田が美術部入ったって、知ってるか?」
知らないわけないよな。
友達だし。
「うん。知ってる」
黒目がちな大きな目がこっちを見た。
「なんで蒼吾が知ってるのよ」
「帰りに会った」
「ましろと?」
頷く。
「あいつと一緒だった」
「あいつ?」
「───佐倉」
俺の横の小さな体が、ピクリと動いてこっちを見上げた気配がした。

「…そっか。それで…。それで元気なかったんだ、蒼吾」
「元気がない?」
俺が?
「相変わらずだね、佐倉のことでやきもきする蒼吾。
あの頃からちっとも変わってない」
「……」
「蒼吾らしくないよ?考えるよりも先に行動するようなやつが。自信ないの?」

園田の事に関してはいつも自信なんてない。
キスしたあの時の、ひどく怯えた顔が頭から離れない。
あの丸っこい目に涙をいっぱい浮かべて、俺を見上げた時の表情が強烈に焼きついて、いつも行動を鈍らせる。
臆病になる。
俺にとってもあの日のキス事件はトラウマだ。

日下部がため息をついた。
「ましろの事、ちゃんと捕まえておきなよ?でないと…───」
でないと、なんだよ?
「…何でもない」
言葉を飲み込んで小さく笑う。
その先の言葉がすっげぇ気になるんだけど。
途中でやめんなよ。
「早く送ってあげたら?明日も学校でしょ?蒼吾も練習試合じゃなかったっけ?」
よく知ってんな、日下部。
ていうか、試合だっていうのすっかり忘れてたよ。
ヤバイ。
「今度こそ、じゃあね」
「ああ」
「おやすみ」
綺麗な顔で微笑みながら、家の中に消えていく細いシルエット。
参ったな。
あいつはいつも何でもお見通しだ。

風呂上りだってのにもう汗をかいてるその頭をガッと掻き毟って。
「じゃ、行くか」
ポケッっと突っ立ってた千尋に声を掛けた。
あいつと同じ横顔は、やっぱり汗ひとつかいてないような涼しげな顔をしていた。
園田の隣で笑う余裕たっぷりな横顔を思い出す。

小さな体が後ろの荷台に座ったのを確認して、自分も自転車にまたがった。
「…あの…」
その背中をくいっと引っ張られた。
「ん?」
顔が曇ってる。
「どした?」
何か言いたそうに唇をきゅっと噛み締めた顔。
「…さっきの…日下部ってお姉ちゃん、…お兄さんの彼女?」
「日下部?」
こくんと頷く。
「あいつは家が近所の幼なじみ。別に彼女でも何でもねーよ」
見上げた顔が安堵の表情に変わる。
何でだ?
「日下部の事、知ってんの?」
佐倉と同じ顔がひどく困ったような顔をした。

「…あの人、見たことあるの」
同じ校区内だし近所といえば近所だよな。
あいつ、美人だから目立つし。
「外で見たんじゃなくて、その…」
小さく口ごもって俯く。
なんだ?
ちょっと様子が変だ。



「お兄ちゃんの…部屋で……」



それ。
どういうことだよ。




「すごく綺麗な人だったから、覚えてる。たぶん、間違いないと思う。
さっきの日下部ってお姉ちゃんだった…」
「どういうことだよ千尋。説明してくれるか?」





「お兄ちゃんのスケッチブック。あの人の絵が、いっぱいあった───」




────は?

なんだよ、それ。




NEXT→
魔法のコトバ*  Season9 comments(2) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








面白い展開になってきましたねwww 千尋なんだか愛嬌ありますねw でも冷静に考えてみれば千尋って記憶力ありますねww あたしは絶対に一回見ただけで「あ、あのお姉ちゃんだ!!」なんてわかりません;;;・・・って変なことに注目してすいません;;気にしないでくださいねw 凪も蒼吾のことよく知っていますねw好きな人のことはやっぱりどんな人でも気になるんですねw ではではw
from. さくら | 2007/03/18 11:33 |
●○●さくらさんへ●○●
千尋、愛嬌ありますか〜。6年生といえばまだまだ初々しくて可愛いですよね〜。私は小学生世代の時期を書くのが好きなので千尋も深青も書いていて楽しかったです♪
凪は蒼吾の事を何でもお見通しなんです(笑)付き合いが長いのもあるし、何よりも蒼吾が大好きなので・・・。でも報われなくて、書いていてちょっと切なくなります(苦笑)
from. りくそらた | 2007/03/19 09:35 |
<< NEW | TOP | OLD>>