http://miimama.jugem.jp/

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
魔法のコトバ*  Season10 気持ちが動く瞬間-4-
*******************************************

Season10  気持ちが動く瞬間-4-

*******************************************

いつもと変わらない朝のHR。
隣にいるはずの凪ちゃんの姿はなかった。
乗り合わせて来るはずの電車にも姿がなくて、避けられてるかも…って不安になったけど。
予鈴が鳴っても。HRが始まっても。
凪ちゃんが現れることはなかった。


「日下部はー…、インフルエンザだそうだ」
出席簿に書き込みながら、新垣先生がぼそりと呟いた。
クラスがざわりとざわめく。
「日下部の他にも2人。インフルエンザの報告が出てる。皆も手洗いうがいをしっかりして予防するように」
「え〜、なんか小学生のHRみたいな話題っすね」
教室からクスクス笑い声が上がる。
「馬鹿にしちゃいかんぞ? 病気の予防はそれが基本だ。1年生のお前らはいいが、3年は受験を控えた大事な時期だろうが。
それにお前ら、来週から学期末テストだぞー? やる気あんのかぁ?」
学生にとって一番嫌な『テスト』という単語を呟き、ニヤリと口の端を上げる。
こういう話題を取り上げたとき、どの先生も嬉しそうに笑うのはどうしてだろう。
私達が苦しむ姿を見るのがそんなに楽しいのかな。
すごく意地悪だと思う。
案の定、えーとか。嫌だーとか。
不満な声の上がる中、私は他人事のようにぼんやりとクラスメイト達を見つめていた。
「これから試験の日程表を配るから、各自しっかり勉強しておくように!」
ぶーぶー文句の行きかう中、日程表が配られる。
回ってきたプリントをぼんやりと見つめながらため息をついた。


「あー…、園田!」
ふいに先生に呼ばれて顔を上げた。
「日程表を日下部に届けてやってくれんか?」
教壇の上から新垣先生が、ヒラヒラとプリントをかざして私を呼んだ。
「あ…はい」
重い腰を上げて立ち上がろうとしたとき。
フッと、影が横切った。
「それだったらオレが」
横から蒼吾くんが割り込んできて、教壇の前に立った。
「近所だから渡しときます」
「そうか? 悪いな」
届けてくれるならどっちでもいいんだ、と言わんばかりに。
先生は蒼吾くんにプリントを手渡した。
取りに行こうと立ち上がった私は、行き場を失くして立ち往生してしまう。
ぼんやりと突っ立てると、席へ帰る蒼吾くんと目が合った。
気まずくて私は乱暴に視線を外した。

フッって。
机に影ができて、蒼吾くんがすぐ側で足を止める。
「アイツんち。すぐ近くだからオレが持って行くよ。インフルエンザなら行っても会えないだろ?」
私に確認するように呟く。
「園田だとひと駅通り越さねぇといけねぇし、どうせ会えないならオレでも園田でも変わりないし」
「でも…」
凪ちゃんに会いたい。
体、大丈夫なのかな。
精神的にも参ってるんじゃないかな。
凪ちゃんのおばさん仕事してるし、ひとりで大丈夫なのかも心配。



「気になるなら、メールでもしてやれば?」
「……うん…」
「…じゃ。オレが持って行っとくから」
短くそう告げると、クラスメイトに呼ばれて蒼吾くんは行ってしまった。


パチンと携帯を開けて、メールを打つ。
でも言葉がみつからない。
凪ちゃんとはあの日から会ってない。
私を抱きしめた蒼吾くんの肩越しに見えたのが最後。
それっきり。


すごく悩んで。
いっぱいいっぱい考えて。
やっと打てたメールは『大丈夫?』のひと言。
たった3文字の言葉なのに、送信するまで随分かかった。



でも。
返事はなかなか返ってこなくて。
休み時間のたびに、携帯を開けてみても着信ゼロ。
学校にいる間、その日は一度も携帯が鳴ることはなかった。

夕刻にやっと携帯が震えた。
私は慌ててポケットから取り出して、震える手で携帯を開く。
受信は凪ちゃん。
大きな液晶画面にひと言、『ごめんね』って。

それはなにについてのごめんねなの?
心配かけてごめんね?
それとも。
蒼吾くんや佐倉くんのことを含めてのごめんね?
聞きたいことはたくさんあったけど、弱虫な私はそれ以上深く聞くことができなかった。
何もかもが宙ぶらりんのまま。
凪ちゃんはしばらく学校に来なかった。





NEXT→

魔法のコトバ  Season10 comments(4) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








凪ちゃんの「ごめんね」が痛いです…
あの凪ちゃんが学校にしばらく来ないなんて…

気になります!

ましろ、勇気を出して会いに行ってあげてー!
(心の叫び)

あ、あと、もう直接拝読しに来たいので、
リンクさせてもらってもいいでしょうか??
from. 史間 | 2007/05/26 05:26 |
●○●史間さんへ●○●
ほんと、あの凪が学校に来ないなんて・・・って感じですよね(笑)心中を察していただけてこれで凪も救われる!?かも。

リンクの申し出。ありがとうございます!!
う、嬉しい〜〜〜♪♪
うちはリンクフリーですので貼ったり剥がしたりはどうぞご自由にしてやってください。ただ相互リンクは現在受け付けておりませんので、その点はご了承いただけると幸いです。
from. りくそらた | 2007/05/26 08:45 |
よかった!
さっそく貼らせていただきました♪
これで楽々遊びに来れます(自分都合か!)
有難うございます〜!
(もしよかったら、たまにでいいんで拙宅にも顔をだしてください♪)
from. 史間 | 2007/05/26 19:37 |
●○●史間さんへ●○●
さっそくのご報告、ありがとうございました〜!!
実は史間さんのブログには、時々こっそり遊びに行っています(笑)
うちと同じでイラスト描きさんがいるんですよね〜。
お話や写真など、和な雰囲気がとっても素敵だなといつも感心しています。
次回はぜひに足跡を残しに参上させていただきます(笑)!!
from. りくそらた | 2007/05/26 19:56 |
<< NEW | TOP | OLD>>